本と吹奏楽を愛してます♪ *本と吹奏楽の情報随時募集してます*
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
last chance
明日ついに本番。



たくさんの事や状況に

何度もくじけそうになったり実際負けたり。


でもきっとこれが私の最後のコンクール。


大好きな8人で大好きな曲を吹くことができる。


それを誇りにして。

ただ楽しんで音楽にのめりこめたらいいと思う。

正直結果はどうでもいい。

ただ自分が練習してきたこと
1つでも多く出せばそれでいい。


クラリネット8重奏

ラ・セーヌ


最高!!


スポンサーサイト
page top
Dearest
今日選考会でした。


結果は









通りました!!




もうホントびっくりです。


昨日が絶不調でどうなることかと思ったし、
今日も演奏し終わった時点でまあ五分五分かな
ぐらいに思ってたんですけど・・・。


でもやっとスタートラインにたてたわけだから。

まだ課題は山積み。


私にとって最重要課題なのは、
夏がおわってからの高音域のスランプを抜け出す
ことです。

でも今はただうれしいなあ。


このアンサンブルは100%自分たちの力で
つくらなきゃいけなかったので、
代表としての責任に何度もおしつぶされそうになったし、
実は相当つらいこともありました。

とおった今だからこそあの涙は無駄じゃなかったんだなって。


おちた団体さんもいるし、ウチの吹部の代表として
恥ずかしくない演奏をしたいです。

今は唯それだけ。
page top
アンサンブル始動
昨日から本格的にアンサンブル始動しました。

曲は真島俊夫さん作曲ラ・セーヌ。

きっとムカツクことが沢山あると思いますが私は負けません。


とりあえず10月5日の校内選考会に向けて練習あるのみ!です。



今日図書館行ったら吹奏楽の全国大会のCDがずらり!!
本当はベートーベンのソナタのCD借りようと思ったけど
吹奏楽借りちゃった☆

習志野とか柏とか色々!!
そしてなんと、キリストの受難をやっていた学校が!!
懐かしいな。編曲はかなり違ってたけどやっぱいい曲☆

習志野のトゥーランドット良かった。
やっぱ来年のコンクールでやってほしいな。
3つのジャポニズムやってる学校もあったけど
あの曲あんま好きじゃない・・・


明日アンサンブルの練習だ・・・

ウチやっぱ仕切ったりするの絶対向いてない。


page top
最後のコンクール
ああ、終わっちゃたな。
それも最悪な結果で。

でもクラパとしても私自身としても
冷静に平常心でできた。
先生にもクラは比較的よかったっていわれたし。

けどやっぱ悔しいよ。
みんな偉そうなこというわりに練習に対する姿勢
が甘いんだもん。

高校Aってそんな甘いもんじゃないんだよ。

この夏確かに全国総文祭が3日後に控えてて
二足草鞋で大変だったよ。

どっちも中途半端。
何回怒られれば気がすむの?

私はコンクールって好きじゃない。
結果が悪いとその頑張ってきた過程も
思い出も全部悪いものになってしまうから。

自分はこの夏、大学では吹奏楽やらないから
最後のコンクールに向けて本当にエスクラと
真剣に向き合ってきたつもりだった。
今日の演奏も自分は取り合えずできること全部
やったはず。

もしウチラが金とれたら私は大声で
本当に頑張ったっていえると思う。

でもこんな結果になったからつもりっていう。
そして思うんだ。
本当にがんばったのかな?って。

ただ自分が反省しなきゃいけないのはクラパの
パーリーとしてパートでのピッチあわせが
あまり出来ていなかったことと、
もっと伝えられることがあったはずだったってこと。

コンクールはウチラにとっては引退までの通過点
にすぎないけどそれでも最後のコンクールでは
みんなの笑顔見たかったよ。

そしてパーリーとして私に最も足りなかったのは
厳しさだったと思う。
厳しくするのは自分のメンタルが相当辛いけど
それはパートのためなんだよね。

この夏はまだ終わらない。
次の舞台がある。

待ってろ、群馬!!

page top
be proud

「私が去年感じた様な後悔や自分のしてきたこと全部
否定してしまいたくなるような練習はしてほしくない。」


自分がパーリーとしてみんなに伝えた言葉。

でも今日は全然それが達成できなかった。


「あなたたちの演奏は音楽じゃない。
音を出してるだけ。
伝わるものが何もない。」

先輩にいわれた言葉。

勉強時間さいてきてくれた先輩方にすごく失礼なことをした。



全国っていう舞台は先輩方がつくってくれたもので、
なのに全然下手で。

先輩達がこんなに私達のことを真剣に叱ってくれたのは
先輩達が全国の舞台に、そして私たち後輩に
かけてくれる思いが強いから。

私たちはあのマゼランの美しいメロディ、力強いユニゾンに
先輩達の思いを、教えてくれたことを、そして感謝の気持ちを
のせて全国の舞台で表現しなきゃいけないんだ。

茨城の代表として、そして30年に渡る吹部の誇りを
常に意識しなきゃいけないんだ。
それは当たり前なことなんだよ。


一番大切な何かを忘れかけていた私たちに
本当に大切なものを教えてくれた先輩方。

頑張ることは自分のためでもるけど、
周りで支えてくれている人のためでもあると思う。

勉強はもちろん大事。
だけど部活に全てを懸ける。

若いから大丈夫。多少無理したって。

それよりも、自分を支えてくれる人の声援に答えられ
ないことの方が死ぬほどかっこ悪い。

だからやるよ。私は。

「死ぬ気でやれ。死なないから!!」
by 部長

© 幸福な食卓. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。